デンタルローンのおすすめはスルガ銀行だって!

銀行のデンタルローンは楽天銀行などの専門のローンを提供しているところもありますがほとんどの銀行では多目的ローンといった形で対応することが多いようです。

一方でクレジットカード会社が提供しているデンタルローンもあるのですが、こちらは式場と提携している場合が多く、指定の式場で脂肪吸引をあげることが融資条件となっていることが多いです。

銀行の金利はだいたい5%から7%が相場となっていますが式場提携タイプのデンタルローンの金利相場は6.0から15.9%ですので、高いのは否めません。スルガ銀行デンタルローンはホワイトニングや矯正などに利用される人がとても多いといいます。

金利面では銀行のデンタルローンのほうが圧倒的にお得に思えますがクレジット会社にも銀行レベルに低金利なものもあります。スルガ銀行デンタルローンは家族の歯の治療費にも使えるとのことでした。

ジャックスの「プレシャンテ」は、金利6.5%と楽天銀行よりも低い金利で限度額500万円と銀行よりも高額ですし、クレジット対応なので口コミ評価は上々です。

デンタルローンは歯の治療に関する使途に限定して融資してくれるローンで通常のカードローンと比べて低い金利でお金を借り入れることができます。

消費者金融や一部の銀行カードローンは無利息期間がありますがデンタルローンは目的別ローンになりますので、残念ながら無利息サービスは設けられていません。

歯の治療に関する費用を無利息で貸してくれるところを探しているという事であれば無利息期間があるカードローンで歯の治療資金を借りると良いでしょう。

消費者金融カードローンなら初回利用者は30日程度の無利息期間がありますから給与で完済できる額であれば、実質無利息で借入が可能なデンタルローンということになります。

消費者金融カードローンは金利が高いことは有名ですが、無利息期間内に返済できてしまう場合、金利が高くても関係ありませんね。

総量規制とは収入の三分の一を超える融資を禁止にした規制であり、消費者金融などの貸金業者に対してこの規制がかけられるというものです。

歯の治療でも高いものはは250万円から350万円かかりますから総量規制が考慮すると、750万円から1 050万円の年収が必要になることになります。

若い夫婦であればそんな約1000万の収入なんてないでしょうし、一生式治療できないんじゃ…と不安になってしまう人もいますよね。

しかし、銀行なら貸金業法は無関係となりますしクレジットカードを取り扱う信販会社のクレジット払いも割賦販売法が適用されますから総量規制の対象外となるのです。

ただし、クレジットカードのキャッシングで借入すると貸金業法が適用され総量規制の対象となってしまいますことご注意下さい。

スルガ銀行のデンタルローンの審査が評判良いらしい?

スルガ銀行デンタルローンというものは、歯の治療の治療のために借りると言う方が大半かと思いますがお金を借りることには変わりないので、事前にシミュレーションをすることが大切です。

歯の治療の治療にかかる費用だけでも300万円が相場と言われていますからまずは300万を想定し毎月の返済額や、借入金利を含めて計算してみましょう。

借入金が300万円でボーナス払いナシ、金利7.0%、毎月4万円で計算しますと、支払回数は100回で、支払期間はなんと8年3か月もかかってしまうことがわかりました。

給与の支払のあてにしようと思っても歯の治療の治療は赤字になるのが一般的ですから、300万円規模のお式で100万円くらいは赤字になる人が大半です。

そうなると、給与目当てで100万円のローンを組めばいいと考えがちですが必ずしも赤字が100万におさまるとは限りませんので給与を当てにするのは危険です。

デンタルローンもカードローンと同じ金融商品に違いはありませんので審査に通らなければ当然融資を受けることはできません。

デンタルローンというローンは低金利で高額の融資を受けられますのでカードローンよりも厳しい審査となります。

額な治療費だからといって諦めている人におすすめなのが、低金利で借り入れできるスルガ銀行デンタルローンですね。こちらは来店不要でWEB申込も受け付けています。

スルガ銀行デンタルローンはホワイトニングやインプラントにも利用できますよ。

参考:スルガ銀行デンタルローン審査は厳しい?低金利の借り方の流れ

スルガ銀行デンタルローンの審査に落ちた人の特徴を挙げると年収が200万円以下であったり、勤続年数が1年未満、非正規雇用などと言う場合が多いです。

又、過去に滞納履歴や債務整理、自己破産歴があったり、複数の金融業者から借り入れがある人は要注意です。

今までクレジットカードを持った事が無い人は滞納歴が無いので信用されていると思われがちですが信用情報がないので信用度が判断できないために落とされる可能性があります。

みずほにはデンタルローンという商品はありませんが歯の治療費用にも使える「みずほ銀行多目的ローン」が用意されています。

最長返済期間が7年、最大融資金額が300万円までとなっておりますが多目的ローンを含めたローンの借入残高が前年度税込年収の50%以内でなければ融資を受けることができません。

固定金利は年6.700%と低く設定されてるだけでなく、さらに低金利である変動金利にすることもできます。

また、現在みずほ銀行で証書貸付ローンを利用しているという人、または過去に利用していた人はさらに年0.1%の金利引き下げサービスが受けられます。

申込対象者は借入時の年齢が満20歳以上満66歳未満、完済時年齢が満71歳未満であること、勤続年数は2年以上は必須で、前年度の税込年収は最低200万円以上必要となります。

スルガ銀行デンタルローンは低金利なのがメリットの1つですが借金には変わりないので返済期間が長いほど利息は多くなってしまいます。

毎月の返済内容は、まず1回の返済額を決めて、その範囲内で利息を優先して返済されます。

そして残った金額が元本に充てられます。

従って、返済期間が長いほど利息の支払いが増えてしまいますので可能であれば返済期間を短くし、早めに完済してしまうが支払総額を抑えることができます。

借入総額が御祝儀で賄えるようであれば無理をしてでも一括返済してしまったほうがおすすめです。

給与総額が一括返済に足りないときは親に援助してもらって、ゆったりと返済するのも、ひとつの方法です。

スルガ銀行デンタルローンというローンは歯の治療に関することでしか使えないという制限がありますが歯の治療の治療以外にも新居の購入費用などにも用途が認められています。

新居を購入する場合、ほとんどの人が住宅ローンを組むことになると思いますがその際に頭金があると金利が優遇されたり審査に通りやすくなるなどのメリットがあります。

普通、住宅ローンの頭金はたくさんあればあるほど良いとされていて物件価格の2、3割程度用意できれば安心です。

この計算に基づくと、2000万円の物件を購入するときの頭金は400万円から600万円となりますので簡単に用意できる金額ではありませんよね。

ローンを組むのは返済のことを考えてしっかり計画をたてて借りることが大切です。デンタルローンの場合も同様でうs。

スルガ銀行デンタルローンは学費ローンやリフォームローンなどのように使途が限定されたサービスになっています。

使い道を歯の治療の治療関連に限定することで一般のキャッシングローンよりも低い金利で借りることができるのが大きな特徴です。

これに対して消費者金融のカードローンはというと目的別ローンではなく使途が自由なフリーローンとなっています。

消費者金融のカードローンの金利はだいたい3.0%から18.0%が一般的ですがデンタルローンは5%から7%前後と格段に低くなっています。

また、スルガ銀行デンタルローンは数百万円単位で大金を借り入れることができるのに対し消費者金融のカードローンだと、初回の借入額は数十万円が限界です。

デンタルローンの返済方法をどのようにするべきか頭を抱えている人も多いと思いますが決して、給与を当てにしてはいけません。

300万円の歯の治療の治療をしたとして、その費用を給与で全額回収することは困難といわれており100万円程度は赤字になってしまうそうです。

具体的に計算してみますと、1人あたり3万円の給与をくれると仮定して招待人数が70人だと、給与の総額は210万円ですから90万円の赤字になります。

頑張って100人を招待できればギリギリ300万円集まる計算になりますので完済できる計算になります。

実際にデンタルローンを給与やボーナスで一括返済できたという人の割合はというと全体の45%ほどだそうです。

残りの55%は一括返済できなかったということですので、あてにするのはやめましょう。スルガ銀行デンタルローンも同様に返済計画をたててから借りましょう。


Copyright (C) SMBCモビット審査は甘い?審査落ちた?【10秒審査の口コミ】 All Rights Reserved